ホーム  >  ブログ一覧

スタッフブログ

☆透湿・防水シート貼施工後監査~NEXT STAGE~☆

2020.05.30

こんにちは、マサル建築です(^^)/

今日は、27日・28日と2日続けて、坂祝町で施工中のM様邸と、瑞浪市で施工中のH様邸の「透湿・防水シート貼施工後の監査」をNEXT STAGEの監査員の方に来ていただき監査していただきましたので、その監査についてお話していきたいと思います。

施工についてのお話ですので、なかなか興味が持ちにくい分野かと思いますが、家づくりを作る側の人間からしたら施工の品質ってめちゃくちゃ大切なことですのでぜひ参考に読んでいただければと思います。

 

まず始めに透湿・防水シートとは何か?についてお話します。

透湿・防水シートとは、外壁と断熱材との間にぐるっと貼るシートのことを言います。機能としては透湿という言葉があるように壁内で生じる水蒸気を外部へ排出して、壁内での結露を発生するのを抑制してくれる役割があります。

そして、もうひとつの機能が水分を構造材や断熱材内に侵入するのを防ぎ、雨漏れの原因となる部分を守ります。

このシートが家の外周部分全てにしっかりと貼られていることにより雨漏れや壁内結露を防いでくれる重要な役割を担っています。

ですが、この透湿・防水シートの施工後に細かくチェックをしている会社がどれだけあるだろうか?と思うと個人的には少ないのが実情ではないかなと思っています。もちろん先日記事で書かせてもらっている、瑕疵担保責任の中での雨水の侵入は瑕疵に該当してくる部分ですので、義務付けられた検査の中の確認項目ではありますが、正直言って何を使って貼っているか?程度の確認に現場へ見えるくらいではないかと思います。

 

透湿・防水シートがどのような物か?、どんな役割をしているのかが分かったところで、ここからはNEXT STAGEの監査員の方がどのような項目をチェックしているのかお話します。

 

まずは全体を確認して、シートがしっかりと貼られているかを見ていきます。

 

続いてシートに穴や破れがないかを確認していきます。このシートは手で破ろうと思ってもなかなか破れるものではないのですが、実際に施工している職人さんはカッターナイフを持って施工しているので、その刃が当たったりして気づかず穴が開いてしまっているなんてことを防ぐために見ていきます。家全体にこのシートが貼られていますので、お気づきかもしれませんが、めちゃくちゃ時間かかって監査してます(笑)

けど、外壁貼ったら見えることがなくなる部分ですので、時間をかけてでも丁寧に確認していくことはお施主さんからしたらやはり安心していただけることだと思いますので、全物件このシートの監査に2時間ほどかけています!

 

穴や破れの確認を行ったら、次は重なりを確認していきます。

上下での重なり、左右での重なりを基準書以上に重なっているかを確認していきます。これも当然ですが、重なりが出来ている部分は全て確認しています。

 

重なりを確認したら、次はエアコンなどの貫通しているダクト部分の防水処理が適切に行われているかを確認します。

上の写真のようにダクト部分には、ウェザータイトという伸縮性のある樹脂カバーを付けることにより、貫通部分からの雨水侵入を防ぐ役割を担っています。このカバーの周りに貼ってあるテープがあるかと思いますが、これも貼る順番があって、必ず縦2枚を先に貼り、最後に上のテープを上から貼るというようにしています。これも雨水が仮に入ってしまったとしてもテープ上で滞留しずに流れ落ちるようにと貼る順番まで決まっています。もうくどいかもしれませんが、もちろんこのテープの貼り順も監査項目の中にありますのでチェックしております。

また、写真だと分かりにくいですが、このダクトは少しですが、外壁側から室内に向かって斜めに傾斜が付いています。これも仮にですが、中に水が入ったとしても水が傾斜を登ることは考えにくいのでこのように傾斜を付けて侵入を防いでいます。

 

あとは、バルコニー部分の防水についてもこの監査時に確認してもらっています。

 

立上りどれだけがFRP防水処理がしてあるかをチェックしています。

この防水仕様は、船底と同じ仕様となっていますので、雨漏れになることはかんがえにくいですね。

 

このような監査をこの透湿・防水シートを施工した後に行っております。全てはお客様に品質の優れた安心して暮らしていただけるおうちを提供するために取り組んでおります。今回はシートについての監査でしたが、また次回もこの他の監査についてお話していきますのでお楽しみに(^^♪

 

☆好評♪みんな、どんな壁紙使っているの!?~season②~

2020.05.29

こんにちは、マサル建築です(^^)/

今日は、前回書いた「みんな、どんな壁紙使っているの!?」シリーズのseason②をお届けしたいと思います♪

けっこう皆さんクロス選びって迷われていることが分かりましたので、たくさんクロスについて実例を挙げながらお話していきたいと思います(^^)

シンプルな色のクロスも紹介しますが、今回も前回のように特徴的なクロスを中心にお伝えしていきますのでご参考にしてみてください♪

 

~お洒落なダイニングバー♪~

まず最初にご紹介するクロスはこちら♪

 

キッチン天井上部に木目調のクロスを使用し、天井の形状をアーチ状にしています♪またその上に間接照明を入れていますので、夜になるとお洒落なバーんどお店みたいな雰囲気を出してくれています(^^)

天井のクロスも白を基調とした中に木目調が入ることによって存在感が出てカッコいいですね♪

 

~幸運を運ぶゾウ!?~

続いてご紹介するクロスはこちら♪

 

幸運を運んできてくれそうな黄色いゾウが描かれているクロスとなります(^^)黄色は元気を出してくれそうな明るいカラーですので、お部屋の一部にこうして貼ってあると元気が湧いてきそうですね♪

また、ゾウの柄も可愛らしいイラストとなっているので小さいお子様がお見えの方なんかにも喜ばれると思います(^_-)-☆

納戸やご家族のみが入るようなお部屋であれば、このような特徴的なクロスを使用するのは良いと思います♪

 

~キャラクタークロス♪~

続いてご紹介するクロスがこちら♪

 

トイレにスヌーピーのクロスを使用しました(^^)

大人にもお子様にも愛されるキャラクターのクロスが使ってあって可愛らしいトイレになりました♪

2Fのトイレですので、基本的にはご家族が使用されますので家族みんなの好きなキャラクターのクロスを使用したりするのは家の中が明るくなり楽しくなりますね(#^^#)

 

~ホテル風トイレ~

続いてご紹介するクロスはこちら♪

 

トイレの中をグレーのクロスで仕上げました♪床材も落ち着いた色を使用していますので、トイレや手洗い器の白がよりきれいに見えて高級感溢れるトイレとなりました♪

「カッコいいといれにしたい♪」と思われる方は参考にしてみてください(^^)/

 

~ラグジュアリーなサニタリールーム~

続いてご紹介するクロスがこちら♪

 

サニタリールームに、モロッカン柄を取り入れています♪可愛らしい柄ですが、このような色味ですと高級感もでてきますね(#^^#

)いろいろな色のモロッカン柄がありますので、どこかに使用してみてはいかがでしょうか?

 

~優しさ溢れるキッチンスペース~

続いてご紹介するクロスはこちら♪

 

キッチンの背面にある食器棚の部分に優しい色のタイル調クロスを使用しました♪

食器棚の色も優しい色味ですし、水色優しい色なので、キッチン全体がほっと落ち着けるような優しい空間となりました(^^)/

 

本日は以上の6枚をご紹介しました♪

壁紙を選ぶときには、そのおうちのテーマというか、イメージみたいなのをお話いただければ希望にあった壁紙をご紹介し、お部屋の雰囲気を作り上げます(^^)

カッコいい雰囲気・可愛らしい雰囲気・リゾート系のイメージ・などどんなスタイルでも対応できますので、お気軽にご相談ください♪

引き続きこの「壁紙」シリーズもお話ししていきますのでお楽しみに(^^♪

☆土地探しについて~②~☆

2020.05.28

こんにちは、マサル建築です(^^)/

今日は昨日に引き続き、「土地探し」についてお話していきたいと思います♪

昨日は、土地探しを始める方は建築会社を決めて、どんな家を建てたいのか、予算・場所を明確にした上で建築会社と一緒に探していきましょうというお話でした。その続編ということで、今日は土地を一緒に見に行った時にどのようなポイントに注意して見れば良いのか、また我々建築会社はどのような点を見ているのかお伝えしてきます。

 

~金額だけ見てはいけない!?~

まず不動産屋さんから希望する土地のエリアで資料をいただきます。この時は直接不動産屋さんへ伺うでも良いですし、建築会社に依頼して資料を集めてもらうでも良いです。不動産屋さんって聞くとちょっと行きにくいとおっしゃられる方も多いと思います。不動産屋=黒いイメージが世間の中ではあるのかもしれませんね(;^ω^)弊社でよくしていただいている不動産屋さんは決してそのようなことありませんので、ご安心を♪

不動産資料で多いのは、金額・場所・土地面積・用途地域・地目・都市計画・ライフライン・販売形態など、その他に詳しく書いてあるところだと、学校区や駅までの距離などが記載されています。そこでお客さんが目にいきがちなのは、金額と形、面積、場所ではないかと思います。希望している予算に合っているのか?、形はどうなんだろう?、面積は希望くらいあるのかな?、場所は希望する場所だろうか?ぱっと資料を見た時に、希望に合っていそうだなぁとなれば実際に現地に確認しにいきましょう♪

この時に不動産屋さんに一声かけておくと良いかと思います。

実際に現地へ見に行き、確認するポイントとしては、まず売りに出ている金額からさらに何か手を加えないと家が建てられないかを見ます。例えば、更地で家を建てるばっかりだと思ったら古家が建っていた、道路よりも低い土地になっている、土地への車の乗り入れ場所がないなどがないかを見ます。古家が建っているならそれを解体する費用が必要となってきますし、道路よりも土地が低ければ土を盛ったり、外周部分にブロックを積まなきゃいけなかったり、土地への乗り入れがなければ道路側溝を設ける費用が必要となってきたり、売りで出ている金額にさらにお金をかけないと家が建てられないのかどうかを確認することは資金計画にも影響してきますので確認したいポイントです。

よくあるのが、希望予算よりも安く出ていたから、「いい土地見つけた♪」と思い、実際に現地へ見に行ったら土地を盛らなければならなかったり、乗り入れ側溝を設けなければならなかったりで、希望予算をはるかにオーバーするなんてことはよくあります。

ですので、資料をいただいたら必ず現地に見に行くということは大切かと思います。

よく分譲地と呼ばれる土地だと基本的にはすぐに家が建てられるばっかの状況になっています。なので、分譲地では検討していなかったとしても一度分譲地を目にしてみると、どのような状況が家を建てるばっかの状況なのか理解できると思います(^^)分譲地と比較して、見に来た土地は家を建てるのに何か工事は必要なのか?もなんとなく分かってくるかと思います。

ということで、今日は土地探しのなかでも、資料をいただいて、「別途費用がかかりそうな土地かどうか?」をしっかりと確認しましょうというお話でした♪

まだまだこの「土地探し」についてのテーマはお伝え出来ることたくさんありますので、すこしずつですが書いていきますのでお楽しみに(^^♪

☆土地探しについて~①~☆

2020.05.27

こんにちは、マサル建築です(^^)/

最近蒸し暑い日が続きますね。いよいよ来週辺りから梅雨が始まるところも出てきそうですね(;^ω^)梅雨時は天気のように気分までどんよりしがちですが、皆さん元気に乗り切りましょう♪

今日は、「土地探し」についてお話していきたいと思います。この内容も細かく話せばそこそこの内容となりますので、何回かに分けてお話していければと思います(^^)

今日のテーマ「土地探し」は、最近家づくりを計画される方の半数以上が土地探しからのお客様となっています。なので、失敗した家づくりにならないためにもどのようなポイントに注意して見ていけば良いのかお話していきます。

 

 

~土地探しと家づくりの計画は一緒に並行して行いましょう~

まず、お話したいことが「土地探しと家づくりはセットで考える」ということです。よく家づくりを考え始めた方で、「どこに家を建てようか?」と考えたら「まず不動産屋へ行かなきゃ」と思われる方がけっこう多いです。決して不動産屋へ行くことが悪いわけではありません(;^ω^)ですが、家の計画がまだ不明な状態で不動産屋へ行ったときに「いくらの土地」、「何坪の土地」、って決められますか?恐らく決めることは難しいと思います。

たまにある良くないケースを紹介しますと、例えば南道路の角地で100坪あって誰もがうらやむ土地を1500万円で購入しました。「よーし、良い土地ゲット出来たからあとは建築会社選びをするぞ」と意気込んだものの、その方の住宅ローン限度額や頭金を合わせても総予算は3000万円だったのです。残り1500万円で家を考えなければいけない。しかも登記費用やお庭の費用も含めてその金額に収まるようにしなければいけないとなれば、もうお分かりだと思いますが、本末転倒の家づくりとなってしまうのです。確かに気に入った土地は買えたのかもしれませんが、建築会社はいわゆるローコスト系住宅でしか対応できないでしょうし、希望する家のイメージも予算的に厳しいものとなると思います。こうなると正直打合せの内容はコストダウンの打合せばかりになりお客様からしたら、全く面白くない家づくりになってしまいます。

 

これ、けっこうやりがちなパターンです。

なので、不動産屋に行って情報を教えてもらうのは全然問題ないことです。「この辺りだといくらくらいだよ」「この辺は環境が良いよ」とか教えてもらえますので(^^)

けど、並行して「自分たちがどんな家を建てたいのか?」「希望するような家はいくらかかるのか?」「ここで建てたいという建築会社はいくらするのか?」そのような内容を把握した上で、「じゃあ土地に使える金額はこれくらいだね」「エリアはこの辺りで考えた方が良いね」ということがわかっていきます。そうすることで、先ほどのように土地を買ってから、面白くない打合せにならずその土地で最高の家を作っていく打合せがしていけます♪

 

先日お打合せさせていただいたお客様も土地探しからでしたので、一緒に資金計画を組みながら、土地はいくらぐらいが良いだろうか、場所はどの辺りが良いだろうか、を打合せしてから不動産屋さんに資料をいただき一緒に現地に見に行きました(^^♪

一緒に土地を見に行くことで、家づくりのプロからにの目線でアドバイスやご提案をさせていただけると思っております。またの機会で、建築会社が土地を見る時にどのような点を注意しているのか?、何を気にしているのか?を事例など挙げながら書いていきますのでお楽しみに(^^♪

今回は、土地探しを始める時には並行して家づくりや建築会社選びも行いながら進めていくことをおススメしますという回でした♪

☆K様邸お引渡し後の声☆

2020.05.26

こんにちは、マサル建築です(^^)/

昨日は日中とても暑くなり、夏日となりました☀

皆さんマスクをしていて脱水症状にならないように、こまめに水分補給しましょうね(^^)

 

今日は、先日お引渡しさせていただいた岐阜県多治見市K様より「お引渡後のアンケート」をいただきましたのでご紹介させていただきます(^^♪

いただいた文章そのまま書きますので、実際にお引渡しを受けた方がどう思われているのか参考にしていただければと思います♪

 

~K様の声~

 

Q1、家を建てようと思ったキッカケを教えてください

A、子供が生まれて、実家の庭で遊んでいる姿を見て一軒家がいいのかと思いました。

 

 

Q2、マサル建築を選んでいただいた理由はなんですか?

A、いいものを作りたいという精神と人柄

 

 

Q3、マサル建築の第一印象はどうでしたか?

A、社長の話は長いなぁと思いましたが(笑)、その分熱意が伝わりました。どんなお客さんでも話をしっかり聞き、大切にしてみえる会社だと思います。

 

 

Q4、家を建てるにあたって、ご主人のこだわられたところはどんなところでしょうか?

A、耐震のしっかりとした家。タイル貼りなど長い目で見てメンテナンスがしやすいこと。

 

 

Q5、家を建てるにあたって、奥様のこだわられたところはどんなところでしょうか?

A、寒がりなので、床暖房にしたいと思いました。見た目は年を重ねても飽きのこないシンプルさを求めました。

 

 

Q6、間取りを考える中でこだわられた所はどこですか?

A、光が入って風通しのいい間取りにこだわりました。

 

 

Q7、家の中で一番のお気に入りスペースはどこですか?

A、カウンター上の照明やテレビ側の間接照明などをつけて夜はリラックスできます。

 

 

Q8、家を建てると決めてから、周りの家に興味を持つようになりましたか?

A、外壁や庭作りをどうしているのか気になりました。

 

 

Q9、建設中に不安・心配はありましたか?

A、住宅が多いので、近所に迷惑がかからないか気になりましたが、音の心配なく建てることができました。

 

 

Q10、ご予算通りに最終的におさまりましたか?

A、毎月の家賃と変わらない金額で、ローンが組めました。同じ支払いでも自分のものになるので惜しくないです。

 

 

Q11、自分の思い描いたようなお家を建てられましたか?

A、家族3人が生活するのに十分です。それほど大きな家ではないけれど、掃除もしやすいし、2階に上がった踊り場スペースも大きく広げているので、外の光も風も入り気持ちがいいです。

 

 

Q12、お打合せ、ご相談などマサル建築のサービスはいかがでしたか?

A、間取り、予算が決まればそれほど打合せはなくスムーズでした。その間にも現場で確認とったり、私達が思っている以上に丁寧に動いてくださって感謝しています。

 

 

Q13、家を建ててから、ご家族でやりたいことはありますか?

A、ベランダが広いのでテーブルを運んで連休にバーべQをやりました。ライトも点くし、明るく電源コードがあるので、ホットプレートで簡単でしたが楽しめました。これから少しずつ庭作りをして家庭菜園するのも楽しみです。

 

 

Q14、これから家を建てようとしている方にメッセージをお願いします。

A、土地探しから、ここまで来るのに長かったですがいい思い出です。マンション・建売・リフォームなど選択肢は多いですが、マサル建築でお話を聞いて、家づくりに対する考え変わりました。また、こんな会社にお願いできれば安心だなという確信もあり、ここに決めました。見た目のかっこよさなら、他の住宅会社にもたくさんあります。私達の中で大手のCMで流れているようなところなら大丈夫だろうと勝手な思い込みがありましたが、家づくりをするのに大切なことをマサル建築さんは守っています。唯一の会社ではないでしょうか。職人さん一人一人が丁寧に作って下さった家を大切に住まわせてもらいます。

 

 

K様素晴らしいお声をありがとうございました(#^^#)

家づくりをする側の立場からするとこのようなお喜びの声をいただけると本当に嬉しく思います(^^♪

実際にお書きいただいたアンケートも写真で添付します。

お子さんの落書きが入っちゃっているあたりもご家族の仲良い光景が目に浮かび心温まりました♪

これから家づくりをお考えの方は、このような実際に建てられた方の声というのはとても参考になると思います。

今後もまたお施主様にご協力いただきブログ等で掲載していきますのでお楽しみに(^^♪

☆家づくりの流れ~ご契約から完成まで~☆

2020.05.25

こんにちは、マサル建築です(^^)/

今日は前回書かせていただいた、「家づくりの流れ~出会いからご契約まで~」の後編「契約から完成まで」についてお話していきたいと思います。

けっこう多くの方が契約をしたら、後は工事が進んでいくのを見届けるだけだろうと思われると思います。確かに大手ハウスメーカーなどは、基本的に着工前に全て決定したうえで工事に取りかかるなんてことも聞いたりしますので、多くの建築会社ではそのようになっているのかもしれませんね。しっかりと確定した状態で工事に取り掛かって欲しいという方と、着工してからでも考えられる部分は考えたいという方とご意見分かれるかもしれませんね。

では、弊社がどのようにご契約後進めていくのかお話していきます(#^^#)

 

 

~ご契約から完成まで~

 

~SR見学~

まず、ご契約後に行うのは各建材・設備メーカーのショールームへ見学に行きます♪

見積りでご提示させていただいた内容を基に見学していきます。そこで、色の確認と気になる物への仕様変更などをしていきます。見に行った時に決定ではないので、例えばタンクレストイレにするのか、タンクありのトイレにするのか迷ったりしたら、2パターンで見積りを取ってみて考えてみる、なんてことも可能です(^^)

また、最初に見に行くメーカーは弊社推奨のメーカーの物を見に行きますが、メーカーの決まりなどありませんので(ここ前もお話しましたが、うちの家づくりのポイントですよ♪)後日他メーカーさんへ行ってみるなんてことも可能となります。

そのようにして順番に発注が近づいているものから決定していきます。

 

~地鎮祭~

工事着工前に、神主さんに来ていただき地鎮祭を行います。

これからの工事の安全とこれからここで住まれるご家族の繁栄を願って執り行います。

地鎮祭終了後、お施主様と一緒に近隣の方へ挨拶廻りをさせていただきます。この時に、いつから工事が始まり、いつ頃工事が完了するのかということをお伝えします。

 

~基礎着工~

基礎着工と書きましたが、その土地の状況によって違いは出てきます。例えば造成工事と言って、ブロック積みを行わなければいけなければ造成工事からになりますし、地盤調査の結果、補強工事が必要だとなれば地盤改良工事からとなります。

家を建て始める事前準備が出来ましたら基礎工事へと取り掛かっていきます。

 

~上棟~

基礎工事が終わったら、いよいよ建て方となっていきます。上棟と言ったりします。この日は大工さんも数名応援に来ていただき、柱を建てていきます。いよいよ形となっていく段階ですので、お客様のほとんどがその日はお休みを取られて上棟の様子を見られています(#^^#)

 

~造作工事~

無事上棟が終わったら、大工さんを中心に現場が進んでいきます。この大工さんを中心にって、これも他の建築会社だと珍しいことですが、弊社には現場監督はいません(^^)(もちろん施工管理者の資格はありますよ(;^ω^))これもうちの家づくりの特徴なので、またこのことについては詳しくお話したいと思います。

というわけで、大工さんや各業種の職人さんが現場に入り順番に進めていきます。

この造作期間の間にも、先ほどお話したショールーム後の建材・設備を決定する打合せは平行して行っています。決定のタイムリミットだけお伝えするので、それまでに考えながら作っていきましょうというスタンスです♪

 

~電気打合せ・大工さん打合せ~

現場を進めながらも、途中に電気屋さん・大工さんと打合せをします。これは、以前のブログでも書きました、電気屋さんとコンセントの位置やスイッチの位置・高さ、照明器具の種類など電気系統に関わる内容の打合せと、大工さんとは棚の高さや奥行き、カウンターなど大工さんが手掛ける仕事についての打合せを行います。

立体的になってから打合せするので具体的に分かりやすく、お客様からしてもイメージが付きやすいですね♪

現場で職人さんと打合せをすることってけっこう珍しいみたいですが、直接職人さんとお話が出来て嬉しかったなど喜びの声がいただけます。

大工工事が中盤辺りから、クロス決めや内装タイル決め、照明器具の決定打合せを行います♪

 

~大工工事完了・仕上工事開始~

ざっとでお話してますので、もう大工工事終わり?ってかんじですが、ここまでの過程で数か月は要しております(;^ω^)

大工工事が完了してくると、いよいよ皆さんがメーカーSRで決めてきた機器関係が付いていったり、クロスが貼られたり、照明器具が取付されたりしていきます(^^)

 

~竣工・完成~

全ての工事・検査関係が終了したら完成となります♪

いよいよ新居への入居が間近になってきます(^^♪

 

ご契約から完成までの流れとしてはおおまかにこのような感じです。なんとなくイメージしていただけましたかね?(^^)

着工してもいろいろと打合せする時があるんだ、職人さんとお話する機会があるんだ、など「契約したらもうほぼ何もしなくて良いですよ~」という家づくりではないことがお分かりいただけたかと思います。

お施主さんとしても、とても家づくりの想い出は多いんじゃないかなぁと思います(#^^#)自分自身最後にそのお施主さんとの打合せを振り返るといろいろと想い出が蘇ってきますからね♪

どのようなタイプの進め方が良いかは個人差あると思いますので考えていただければなぁと思います(^^)

では、また引き続き家づくりをお考えの方に参考にしていただける情報をお届けしていきますのでお楽しみに(^^♪

☆みんな、どんな壁紙使っているの!?~season①~☆

2020.05.24

こんにちは、マサル建築です(^^)/

今日は、家づくりのなかで内装についてお話していこうと思います。この内装ですが、間取りが決まってきたらどんな壁紙にしようとお悩みになられる方も多いのではないでしょうか?特に特徴のる壁紙は使ってみたいけど勇気がいる、失敗しないか不安だと思われる方もお見えかと思います。なので、今回ご紹介するクロスは特徴のあるクロスを中心にお話していきます♪

実際に使用されたクロスの写真を掲載しながらお話していきますので最後まで読んでいただければと思います(^^)

 

 

~気分まで快晴に!~

まずご紹介するクロスはこちら♪

青空模様のクロスです♪

気分もこのクロスのように晴れやかにしてくれそうですね(#^^#)

このお部屋は、納戸になっていますので普段他人に見られることのないお部屋ですので、このように思いっ切った壁紙を使いました♪

 

~カフェチックなカウンター~

つづいてのクロスはこちら♪

カウンター正面のクロスをタイル調のデザインにしました♪

優しい色合いで、落ち着いた印象となりました。

ここは、普段食事のスペースで利用される場所ですので、落ち着いた雰囲気で食事が取れて良いですね(#^^#)

 

 

~某有名ブランドカラー~

つづいてのクロスはこちら♪

天井に鮮やかなティファニーブルーを使用しました♪

壁に変化を付けるだけでなく、このように天井面に変化を加えるのもとてもお洒落になります(#^^#)

洗面化粧台や、壁のクロスが白ですっきりとまとめられているので、ブルーが際立っていて良いですね♪

 

 

~マリンブルーで気分が上がる!?~

続いてのクロスはこちら♪

寝室の一面と、ウォークインクローゼットの一面に鮮やかなブルーを使用しました♪

朝、気分よくお目覚め出来、一日が楽しくなりそうですね(#^^#)

ウォークインクローゼットの中も同様のクロスを使用しているので、お出かけ時の衣装選びもわくわくしながら服を考えられそうですね♪

 

 

~サーファーズハウス~

続いてのクロスはこちら♪

キッチン背面に白いタイル調のクロスを使用しています♪

サーファーズ系のお店なんかでも使用されているクロス。家の雰囲気もマリン系でまとめていましたので、非常にぴったりです(#^^#)

キッチン横にリモコン関係をまとめているニッチがありますが、そちらの背面にもエメラルドグリーンのクロスを使用しリゾート系をアシストしています♪

 

~カフェ風LDK~

続いてのクロスはこちら♪

こちらも壁に色を付けるのではなく、天井に変化が付くように仕上げています♪

間接照明も入れているので、天井の高さにも変化があり、可愛らしい雰囲気になりました(#^^#)

木目調のクロスも「使うのに勇気がいる」っと思っていたお施主様も実際に貼られたのを見るととても満足されてみえました♪

 

 

~マグネットボード~

最後にご紹介するのはこちら♪

壁をよく見ていただくと何か壁にくっついているのがお分かりですか?

これは、クロスではなく、下地のボードがマグネットにくっつくボードを使用しているからです。

クロス自体にマグネット機能がある物もありますが、柄や種類が限られてしまいますので、好きなクロスにマグネットが付くようにしたいと言う方はぜひこのようなボードを使うことをおススメします(#^^#)

 

今日は、以上7つのクロスをご紹介させていただきました♪

クロスはまだまだこの他にも多数特徴のあるものを使用しておりますので、今回のテーマは今後も継続的にお届けしていこうと思います♪

「カッコいい雰囲気にしたい」、「可愛らしい雰囲気にしたい」、「リゾート系にしたい」などどんなテーマの雰囲気でも演出出来る自信がありますので、ぜひ家づくりをお考えの方はお気軽にお問合せください(^^)

引き続き、家づくりをお考えの方に参考にしていただける情報をお届けしていきますのでお楽しみに(^^♪

☆憧れのホビースペース☆

2020.05.23

こんにちは、マサル建築です(^^)/

昨日の記事が施工に関する難しいお話になりましたので、今日は夢が膨らむお話、「みんな憧れるホビースペース」についてお話したいと思います。皆さんどんなホビースペースを作られているのか、実例の写真を挙げながらお話していきます。

家づくりを考えていくなかで皆さん、「趣味を楽しめる部屋が欲しいなぁ」「家族で一緒に使える空間が欲しい」などいろいろ夢が膨らむと思います。YouTubeにアップさせていただいている案内動画でもお話していますが、家で楽しめる空間があることはとても素敵なことだと思います。ましてや、今こんな時期ですので家にいる時間が長いので「おうち時間」が楽しめる家づくりがこれからどんどんと増えていくような気がしています(^^)

 

 

 

 

~プライベート漫画喫茶~

まず1つ目がこちらです♪

完全個室にし、カウンターと背面に可動棚を設置ています。掘りごたつみたいに足を下にさげられるようにしているので、座椅子を置けば使いやすさ抜群となります(^^♪

可動棚もたくさん本が置けますので漫画喫茶みたいになります♪

 

 

~バルコニーテラス~

続いてご紹介するのがこちら♪

バルコニーが非常に広く、完全なプライベート空間でランチなど楽しめちゃいます(#^^#)

また立地が非常に良いので雄大な大自然が見渡せる憩いの場所となります♪

夜暗くなってからでも照明が付いてますので、気にせず楽しむことができます(^^)

 

 

~自宅で雲梯(うんてい)とブランコ!?~

つづいてはこちら♪

 

まず、手前に見えるぶら下がってきているロープ。これは吹抜け天井から吊るしてあります。階段5段目からお子さんがロープにつかまり乗りをすることでブランコとして遊ぶことが出来ます。そして、置くに見える黒色の横格子ですが、これは雲梯(うんてい)となっています。お父さんが子供を抱え上げてお遊ばせてあげることができます(#^^#)公園など行けない時には良いですね♪

*子供さんが落ちないように安全に使ってもらってます。

 

 

~映画館!?~

つづいてのおうちはこちら♪

120インチの巨大スクリーン♪普段はリビングの天井で埋め込み、待機させていますが、好きな映画鑑賞をするときには姿を現します。写真には写っていませんが、プロジェクターも天井に吊ってあるので、本格的に映画を楽しめます。またスクリーン手前のダウンライトはスピーカー付きとなってますので、大迫力のサウンドで鑑賞できます(#^^#)

 

 

~仕事場風書斎~

つづいてはこちら♪

寝室の一部に作りました。

このディスプレイが、いかにも仕事場っていう雰囲気を出してますね(#^^#)

背面の本は「たくさん置いてある」と一見思いますが、壁紙です♪

お施主さんと「本置かなくても書斎になりましたね(^^)笑」とお話しました♪

 

 

~バイクガレージ~

つづいてのおうちはこちら♪

趣味のバイクをいじれる空間。ヘルメットを掛けておけたり、上から電源を持ってこれたり、使いやすいように作られました(^^)

壁に使用しているOSB合板も部屋の雰囲気に合っていてカッコいいです♪

 

 

~リゾート庭園~

最後にご紹介するのがこちら♪

リゾート風のお庭となってます。BBQを楽しんだり、夜ウッドデッキで涼んでみたり、ハンモックに乗って癒されてみたりといろいろと楽しめることが出来る空間です♪

 

 

以上「憧れのホビースペース」ということでご紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

「自分も家づくりするならこんな空間作りたい」など夢が膨らんでいただけると幸いです(#^^#)

また、冒頭でもお話しましたが、おうちで楽しめる、癒される空間がある暮らしってこれからの社会ではとても大切なこととなってくるのではないかと思います。弊社では、そんな空間づくりを考えたご提案を心がけて行っていきます。

また引き続き家づくりをお考えの方に参考にしていただける情報をお届けしていきますのでお楽しみに(^^♪

 

☆第三者機関による監査って何!?☆

2020.05.22

こんにちは、マサル建築です(^^)/

本日は、岐阜県坂祝町にてM様邸で瑕疵担保保険の構造金物・防水処理についての検査と弊社とお話させていただいたことのある方であればお聞きしたことがあると思います、「NEXT STAGE]という第三者機関による監査を行いました。

 

住宅瑕疵担保責任保険とは!?

 

まず初めにお話しした、瑕疵担保責任保険とは、新築住宅を作る事業者には、住宅の引渡し日から10年間の瑕疵保証責任が義務付けられています。

しかし、事業者が倒産してしまい、そのあとに瑕疵が見つかったらどうなるの?

この法律が義務付けされた背景として、もう10年ほど前になるとおもいますが、「耐震偽装」・「姉歯事件」「ヒューザー」って聞いたことのある方って見えないですかね?

この事件は建築基準法で定められた耐震基準を満たさないマンションやホテルなどが建設されていました。後に耐震偽装が発覚し、そうとは知らず購入された方は、分譲会社・施工業者に対して補修費等請求しましたが、分譲会社や施工業者が相次いで倒産したため、購入者は泣き寝入りを強いられる形となってしまいました。

そのような社会的事件が起きた後に、2度とこのようなことが起きてはならない、消費者を守らなければならないという動きになり、品確法の施工により売主や請負業者は「保証金の供託」または、「保険への加入」が義務付けられることとなりました。

その保険に加入するためには、その保険会社も事業者がしっかりした建物を作っていなかったら保険に加入させることなんて怖くて出来ないですよね?なので、しっかりと瑕疵に関わってくる、構造・防水に関しては検査を行い、この建物なら10年間瑕疵担保責任保険を付けられるなと判断し事業者が加入できる仕組みとなっています。

本日9:00~まず最初に行った検査はこの部分を行いました。

 

 

第三者機関による監査って何!?

続いて本日10:00~「NEXT STAGE」第三者機関による、⑤回目の構造金物取付監査を行いました。

⑤回目ということになりますが、M様邸ではすでに④回分の監査をクリアし、本日を迎えております。この「NEXT STAGE」による監査は完成までに、⑩回監査を行っています。以前にも基礎の段階で行う監査について書かせていただきましたが、本日はもう一度なぜそのような第三者機関による監査を受けているのかについてお伝えします。

まず、家が完成するまでの間に検査義務がある項目は2回となります。それが前半でお話した、住宅瑕疵担保責任保険の検査となります。とても多くの作業が行われるのに、検査自体は2回だけって皆さんどう思われますか?多分多くの方が少ないんじゃない?と思われると思います。確かに瑕疵の部分について、検査を行うので問題はないのかもしれません。しかし、ここで皆さんに知っていただきたいこととして、建築業界において、施工に関する建築基準法上で定められている決まり事は、フラット35等の仕様書を含めても家づくり全体の約59%に過ぎません。この意味お分かりですか?残りの41%は、現場の職人の人的裁量(いわゆるお任せ、自己判断)にゆだねられている、基準の無い範囲です。それだけ住宅業界って現場の人によってなんとでもできてしまうのです。

それってお客様からしたらとても不安な部分だと考え、弊社では「マサル建築家づくり標準施工基準書」を作成し、決められた内容に沿ってどの現場も施工していくように行っています。基本的に決められた職人さんですが、ふとした時に別の職人さんが入るとなった時でも、その基準書を見ることによって統一された安定の品質のおうちを提供することができます。

そして、その基準書を基に10回に分けられて監査を行っていきます。監査専門の会社が監査を行うことによって公平な目で判断していただけますので、何か不備やごまかしは通用しません。そのような監査会社に依頼をするお金って正直言ってかかってしまいます。ですが、このお金をお客様からいただくということは行っていません。見積書見ていただければご理解いただけると思います。お金をいただいていないのは、弊社を信用して依頼していただけた御礼として、最後に監査記録書というものを「しっかりとした施工で作らせていただきました」とお渡しします。

今回のお話は文章だけだと理解しにくい内容かもしれません。しかし、建築業界の実態を知っていただきたく書きました。家づくりをお考えの方が幸せになれる家づくりをしていただくために♪

また詳しくお聞きしたいという方はお気軽にお問合せください(^^♪

 

 

 

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最新の記事